【ナノクリア/毛穴】効果を実感できる3つのポイント

【ナノクリア/効果】効果を実感できる3つのポイント

ナノクリアの毛穴への効果、シミへの効果、その他肌全般のトラブルへの効果について紹介します。
肌には様々なトラブルがあります。
その中でも毛穴の開きや黒ずみなどのトラブルに悩まされる方は多いですよね?

毛穴のトラブルも含めた、シミなど肌のトラブルの根本的な原因となっているのが「肌を健康的な状態にすること」です。
具体的には、肌の保湿をしっかりとして肌のターンオーバーを正常化することです。
ナノクリアはノーベル賞受賞成分や幹細胞エキスなど、注目の美容成分を97.6%も高配合しています。
スクワランやヒアルロン酸ナトリウムなどの高い保湿力を持つ成分も多数配合している「保湿が特徴」のオールインワン美容液です。

さらに!神奈川大学との共同開発で実現した特許技術を応用したナノカプセル処方や、美肌菌と呼ばれる肌の常在菌を増やす効果を期待できる乳酸菌を配合した「徹底的に美肌にこだわった」製品です。

私が特におすすめする、ナノクリアの美肌・美容効果は以下の3つです 

効果を実感できる3つのポイント
  1. 特許技術のラメラブースターで肌の奥まで浸透
  2. 乳酸菌ラ・フローラが美肌菌を育てて自然なうるおい肌へ
  3. ノーベル賞受賞成分配合でビタミンCの250倍の抗酸化作用

それぞれくわしくご紹介しますね♪

ナノクリア公式サイト

📣 今なら初回86%OFF〜 🎊🎉 美容成分の詳細を見てみる
リピ率94.7%!ナノクリアは満足度◎
以下の関連ページでは、ナノクリアの口コミ・評判についてご紹介しています ✨✨
インスタや芸能人の口コミ・評判や、体験ユーザーの本当の口コミまで検証して紹介しています。
良かったらぜひ覗いてみてください♪
関連ページ: 【ナノクリア/口コミ】実際に使ってみたレビュー(オールインワン ナノクリア)

特許技術のラメラブースターで肌の奥まで浸透

ナノクリアは「ラメラブースター処方」という特殊な独自製法で、美容成分を2種類のカプセルに閉じ込めています。
ナノクリアの製造販売元であるファビウスと、神奈川大学、東洋新薬によって共同開発されたんです。

ナノオイルカプセルというナノカプセル化された美容成分が肌の奥まで浸透するので、美容成分がより深く、そして長時間肌にとどまります。
ナノクリアは美容成分が97.6%も配合されているので、美容成分がナノ技術によって浸透することで、さらなる美容効果を期待できます!

そして球状ラメラカプセルというもうひとつのカプセルが、ヴェールのように優しく肌表面に潤いを与えて包み込みます。
保湿成分の内側に油分と水分が何重にも層になっているので、一度肌に与えた水分を逃しませんよ♪

球状ラメラカプセルのミルフィーユのような構造は、皮膚表面を守っている細胞間脂質であるセラミドとっても似ているんです!
皮膚の角層にもともとあるバリア機能に似ていることで、より肌への親和性が高く、持続的な保湿効果を期待できます。
ナノオイルカプセルと球状ラメラカプセルの両方が、内側からも外側からも肌にうるおいを与えてもちもち美肌にしてくれますよ♪

ナノクリア公式サイト

乳酸菌ラ・フローラが美肌菌を育てて自然なうるおい肌へ

乳酸菌ラ・フローラが美肌菌を育てて自然なうるおい肌へ
画像引用: 一丸ファルコス

ナノクリアには肌の常在菌である美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やす効果のある、ラ・フローラという特別な乳酸菌を一本あたり2億3,000万個配合しています。
ラ・フローラが育菌する美肌菌は肌の皮脂が大好物。
美肌菌は余分な皮脂を食べて、天然のグリセリンを生み出したり、皮膚を弱酸性に保つなどの重要な役割を担っています。

この美肌菌、以前NHKの企画で特集されていたのですが、一般的な成人女性には1平方センチメートルあたり数百〜数千個しか存在しないようです。
でも美容家のIKKOさんには1平方センチメートルあたり36,000個もの美肌菌が存在していたようですよ〜!

皮脂の過剰分泌は毛穴の開きの原因にもなります。
実は美肌菌が余分な皮脂を食べてくれることで、肌表面の皮脂量が理想的な状態に安定する効果も期待できちゃいます!
ナノクリアで「美肌菌を育菌」して、自然な潤い美肌になることをオススメします!

美肌菌を育菌するナノクリア

ノーベル賞受賞成分配合でビタミンCの250倍の抗酸化作用

ナノクリアにはノーベル賞受賞成分である「フラーレン」を配合しています。
フラーレンは高い抗酸化力が魅力の成分で、その抗酸化力はビタミンCの250倍と言われています…!

私たちのからだには紫外線やストレス、生活習慣などが原因で、活性酸素やフリーラジカルといった酸化物質が発生します。
活性酸素やフリーラジカルは肌に酸化ストレスを生み、たるみの原因になります。
肌がたるんでしまうと縦に引っ張られて毛穴が目立ってしまうことも…。
さらに活性酸素やフリーラジカルはシミやシワの原因になりますし、肌老化全般の原因にもなります。

ナノクリアに配合されているフラーレンは活性酸素やフリーラジカルをキャッチして無害化する効果があります。
この抗酸化効果はビタミンC誘導体やビタミンEにもありますが、フラーレンはビタミンCの250倍ですので極めて高いと言えます。

私たちのからだにはメラトニンや尿酸、アスコルビン酸などの抗酸化物質が本来備わっていますが、20代をピークに加齢によって下降していってしまいます。
そして肌の酸化・老化が、肌のたるみやシミやシワの原因になってしまいます…
ナノクリアで美肌になるだけでなく、アンチエイジング力も高めることをおすすめします♪

ノーベル賞受賞成分配合のナノクリア

📣 今なら初回86%OFF〜 🎊🎉 一日あたり44円から
リピ率94.7%!ナノクリアは満足度◎

【ナノクリア/毛穴】シミへの効果は?本当の効果について

【ナノクリア/効果】シミ・シワに効果なし?本当に効果的なのか検証してみた
ナノクリアの肌のトラブルごとの期待できる効果、美容成分を97.6%も高配合していることによって、さまざまな美容・美肌効果が期待できることを紹介します。

ナノクリアはラ・フローラや幹細胞エキスなどの流行のスキンケア成分を、独自のナノ処方で配合したオールインワン美容液です。
ナノ処方によって保湿成分がより浸透しやすい構造になっているため、高い保湿効果を期待できます。

ではしみやしわなどの特定の肌のトラブルに対しての効能はどうなのでしょうか?

ナノクリアは「美容化粧品」のため、医薬部外品や医薬品のような特定の効能を謳うことはできません。
以下に医薬品と医薬部外品と化粧品について、わかりやすく定義してある資料があったのでご紹介しますね。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が緩和なもの。「医薬品」と「医薬部外品」や「化粧品」では、基本的に人に及ぼす作用の強さに違いがあります。一般的に、人に対する有効性の高さは、「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」であり、安全性の高さは、「化粧品」>「医薬部外品」>「医薬品」と考えられます。

基本的に医薬品と医薬部外品とは求める用途が異なるということですね!
化粧品は医薬品や医薬部外品と比べて効果がマイルドなぶん、副作用などの心配は少なく、安全性は高いと言えます。
では全く効果がないかというと、そんなことはありません。

ネットの広告では「シミが消えた!剥がれた!」などの文言とともに、明らかにオーバーな表現の効果をうたった画像が溢れていますよね(苦笑)
もしかしたら…ナノクリアに「シミをすぐに消したい!」などの即効性を求める方には向いていないのかもしれません。

医薬部外品などのような「即効性」の効果はもちろんありませんが、ナノクリアは美容化粧品としての効果はあります。
ナノクリアでじゅうぶんに保湿されて、時間をかけてターンオーバーが正常化されることによって、さまざまな美容効果を期待できます!
それでは以下でくわしくご紹介します♪

ナノクリア公式サイト

📣 今なら初回86%OFF〜 🎊🎉 美容成分の詳細を見てみる
リピ率94.7%!ナノクリアは満足度◎

ナノクリアのシミへの効果|シミが剥がれるって本当?嘘?

ナノクリアのシミへの効果|シミが剥がれるって本当?嘘?
ナノクリアのシミへの効果について紹介します。

ナノクリアのシミへの効果について調べていると「シミ消える」や「シミ剥がれる」といった効果を期待する声がありました。
先に結論からいうと、ナノクリアにはシミ消しのような即効性の効果・効能はありません。
もしそのような即効性の効果をお求めの場合は、レーザー治療や医薬品などの化粧品以外の選択肢になってくると思います。

即効性はありませんが、ナノクリアにもシミ改善効果を期待できます。
ナノクリアにはグリセリンよりも高い保湿力のある(グリセリンも配合されています)と言われているPCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)を配合しています。
PCA-NaはNMF(天然保湿因子)の約12%を占める成分でもあります。
他の特徴的な保湿成分としてシア脂(シアバター)、水溶性プロテオグリカンなど他にも多数の保湿成分を贅沢に配合しています。

他にも医薬部外品にも配合されているシミ防止効果のある加水分解コラーゲン・加水分解エラスチンや、フラーレンやリンゴ果実培養細胞エキスなどの高い抗酸化作用のある成分を配合しています。
これらの成分が配合されたナノクリアを継続して使用して、水分量と油分量のバランスを整えてターンオーバーを正常化することで、シミ防止・シミ改善効果を期待できます。

ターンオーバーの正常化に必要なのは肌の水分量・油分量のバランスを整えることが重要です。
肌の水分量・油分量のバランスを整えるということは「理想的な保湿」状態を作ることです。
ナノクリアは継続して使用することで、保湿を通してターンオーバーを正常化し、シミ改善効果をできます!

そばかすへの効果は?

ナノクリアのそばかすへの効果はあるのか紹介します。
シミの種類のひとつとして、そばかすがありますよね。

子供の頃からあるそばかすは遺伝的なものなので、残念ながら消すことはできません。
ただし皮膚のバリア機能を正常化してターンオーバーの周期を整えることによって、目立たなくすることはできます。
女性だと肌質を整えてメイクした際のファンデーションなどのノリを良くすることで、より目立たなくすることは可能です。

また後天的にできるそばかすは、ターンオーバーを活性化して自然に肌のトーンがアップすれば、薄く目立たなくすることも期待できます。
ナノクリアはリンゴ果実培養細胞エキスという幹細胞エキスを配合しています。
リンゴ果実培養細胞エキスの持つ高い抗酸化作用で、肌のターンオーバーを正常化する効果を期待できます。
うるおった美肌になって肌のトーンがアップすることで、シミやそばかすはある程度ですが目立たなくなります。

ナノクリアで肌の自然なバリア機能を維持することをおすすめします♪

ナノクリアのシワへの効果|シワが薄くなった?シワ改善効果は本物か?

ナノクリアのシワへの効果について紹介します。

ナノクリアはシミへの効果と同じく、シワへの即効性の効果はありません。
でもナノクリアを継続して使用することで美容成分が浸透し、ハリを取り戻すことでマイルドながら自然治癒力を高めて、シミ改善効果を発揮します。

シワの種類は大きく分けて以下の3種類です。

  1. 紫外線シワ
  2. 乾燥シワ
  3. 表情シワ

ひとつ目は紫外線シワです。
長時間・長期間の紫外線による肌へのダメージによって、真皮の肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが劣化してしまい、大きなシミの原因になってしまいます。
紫外線シワの改善と予防は「効果的なUVケアと保湿」です。

まずはこれ以上紫外線による肌ダメージを悪化させないために、UVケアをすることが重要です。
外出する際は日焼け止めを塗るなどは当然ですが、スキンケアでUVケアをすることも重要です。
スキンケアのUVケアは、高い抗酸化作用ある成分が効果的です。

ナノクリアにはビタミンCの250倍の抗酸化作用のあるフラレーンを配合しています。
他にもリンゴ果実培養細胞エキスやパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)などの高い抗酸化作用を持った成分を配合しています。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は顔用日焼け止めにも配合されている成分ですね。
くわえてナノクリアは高い保湿力がウリの製品ですので、紫外線シワの肌ダメージケアにぴったりのオールインワン美容液です。

ふたつ目は乾燥シワです。
乾燥シワはその名の通り、肌が慢性的に乾燥することによって、おもにちりめん状のような細かいシワが出てきてしまうことです。
乾燥シワはそのまま放置していると、大きくて深いシワの原因にもなってしまいます。
乾燥シワには保湿がなにより重要です。

みっつ目は表情シワです。
眉間のしわや笑顔の目尻やえくぼなど、表情のクセから生まれる肌の折りたたみ線からできる、加齢が原因になってできるシワです。
たるみやほうれい線のシワもこの加齢が原因の表情シワの症状の一種です。
20代などの若い年代では肌にじゅうぶんなハリがあるため、弾力によって元に戻ってシワはできませんが、加齢によって徐々に肌は弾力(ハリ)と柔軟性を失ってしまい、大きなシワができてしまいます。
表情シワには保湿とハリを取り戻す効果のある成分が重要です。

乾燥シワと表情シワのたるみ・ほうれい線については以下でくわしくご紹介しますね♪

乾燥シワに効果的な成分と対策

乾燥シワは肌が慢性的に乾燥することによって起きる現象です。
そのまま放置しておくとさらに深いシワの原因になってしまうため、注意が必要です。
また肌が慢性的に乾燥してしまうと、毛穴の開きの原因にもなってしまいます…。
さらに加齢とともに皮膚単位面積あたりのコラーゲン量は年々現象していってしまいます。
図を見ると、20代がピークなのがわかりますね…

加齢は止めることはできませんが、年齢がいくつであっても適切な保湿をして、肌の水分量と油分量のバランスを整えることはできます。
ナノクリアには美肌菌(表皮ブドウ球菌)と呼ばれる肌の常在菌を増やす効果を期待できる「ラ・フローラ」と呼ばれる乳酸菌を配合しています。
美肌菌は天然のグリセリンを生み出してくれます。
さらに脂肪酸を生み出すことで抗菌ペプチドを生み出して、肌を理想的な弱酸性に保ってくれます。

ナノクリアで保湿と肌本来のバリア機能を取り戻して、乾燥に強い美肌を作ることをおすすめします!

たるみに効果的な成分と実際の効果

たるみは真皮を支えている屋台骨の役割をしている「線維芽細胞」が減少したり、劣化することで引き起こされます。
線維芽細胞はエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などで構成されていて、肌に弾力やハリを与えています。

しかし加齢やストレス、紫外線などで肌がダメージを受けると、コラーゲンなどの産生が減少してたるみを引き起こしてしまいます。
たるみは重力の方向に下へ下へと下がっていってしまいます。
たるみが原因で肌が下に引っ張られると、縦に毛穴が開いてしまう原因にもなります。

ナノクリアには加水分解コラーゲン・加水分解エラスチンを配合しています。
コラーゲンやエラスチンを化学的に精製することで極限まで肌への浸透力を高めた成分です。
加水分解コラーゲン・加水分解エラスチンを継続的に塗り込むことで、自然なリフトアップ効果や肌のハリ効果を期待できます♪
加水分解コラーゲン・加水分解エラスチン配合のナノクリアで肌のリフトアップ効果を高めて、毛穴の開きを抑える効果も期待できます!

ほうれい線への効果は期待できるか

ほうれい線は頬のたるみが原因となることに加えて、むくみが原因となって引き起こされます。
むくみにはナノクリアを使ったマッサージが効果的です。
それではマッサージ方法をご紹介しますね。

ナノクリアを2〜3プッシュ程度手のひらに取ります。
このときにてのひらで少し温めると、塗りやすくなりますよ。

マッサージのポイントは下から上に、内側から外側へ塗り込みます。
逆にしてしまうと肌が垂れ下がる原因になりますので注意です。
頬全体、フェイスラインは下から上に円を描くように塗り込んでいきます。

くちびるまわり、ほうれい線やマリオネットラインは内側から外側へと塗り込んでいきます。
斜め上のこめかみあたりを目指す感じで塗ると効果的です。
ナノクリアを塗り込みながらマッサージすることで、美容成分がより浸透して相乗効果も期待できますよ♪

ナノクリアは毛穴に本当に効果的なの?

ナノクリアは毛穴に本当に効果的なの?
毛穴が広がる原因として考えられるのは以下の4つです。

  1. 肌の乾燥
  2. たるみ
  3. 皮脂の過剰分泌
  4. ニキビ跡

肌の乾燥とたるみが原因の毛穴の開きと対策についてはすでにご紹介しましたね。
ここでは皮脂の過剰分泌とニキビ跡についてくわしくごしょうかいします。

皮脂の過剰分泌は、特に脂性肌の方にとっては大きな悩みですよね…
開いてしまった毛穴は黒ずみになって、まるで別人みたいに…笑えないですね(汗)

洗顔で余分な皮脂を取り除くのももちろん大切ですが、毛穴レス肌になりたいあまり、あまり過剰に洗顔してしまっても逆効果です。
洗顔などで肌が乾燥状態になると、失われたバリア機能を取り戻そうと、肌は皮脂を多く分泌しようとします。
皮脂の過剰分泌は脂性肌の方だけの悩みではなく、乾燥状態の肌や乾燥肌の方にとっても起こり得るのです。

乾燥状態の原因を断つ方法として一番なのがやはり「保湿」です、当然ですね(笑)
保湿で大切になってくるのが、肌の水分量と油分量のバランスを整えてあげることです。

ナノクリアは97.6%が美容成分で配合された、保湿が最大の特徴のオールインワン美容液です。
美容成分・保湿成分を特許技術でナノカプセル化して肌の奥まで浸透させることで、理想的な水分量・油分量と弱酸性の肌バランスに近づけます。

watashi_circle
「悩み続けた毛穴の開きや黒ずみを解決したい…」

皮脂の過剰分泌を改善するための肌バランスを整えるのに、ナノクリアはおすすめですよ。

ニキビやニキビ跡にも効くのか

ナノクリアはニキビにも効果があるのか紹介します。
ニキビが気になる人には色々な悩みがありますよね。
特にニキビ跡になってできてしまったクレーターのような跡は、毛穴が開いたままになってとても目立ってしまいます…。

watashi_circle
  • 「ニキビを消したい」
  • 「ニキビ跡をどうにかしたい」
  • 「ニキビ跡で毛穴が開いちゃっている…」
watashi_confused
  • 「吹き出物を直したい」
  • 「クレーターをどうにかしたい」

あんまりニキビが酷いと気分も落ち込んでしまいますよね…
特にクレーター状になったニキビ跡やニキビ跡が原因の毛穴の開きは本当に嫌ですよね。
「助けてください!」ってなる気持ちわかります。

ニキビの原因としてよく知られているのが「アクネ桿菌」です。
アクネ桿菌は実はふだんは毛穴や皮脂腺の中に潜んでいて、皮膚を弱酸性に保つ重要な役割を果たしています。
アクネ桿菌が皮膚を弱酸性に保っていてくれるおかげで、皮膚に付着した最近の繁殖を抑える効果を担っています。

でも皮脂が過剰に分泌したり毛穴を塞いでしまうことで、アクネ桿菌が異常増殖してしまい炎症を引き起こします。
この炎症が「ニキビ」と呼ばれています。
ニキビを予防する方法は、洗顔で肌を清潔に保つことの他に「肌を弱酸性に保つこと」です。
肌を弱酸性に保つためには保湿と水分量・油分量のバランスが整っていることが重要です。

ナノクリアで保湿をしっかりとして肌のバリア機能が整うと、皮脂の過剰分泌も抑えられます。
ナノクリアはニキビができにくい、できてしまったニキビ跡の改善も期待できる、バリア機能の整った弱酸性の肌を作るのにおすすめです!

ナノクリアの効果 について

📣 今なら初回86%OFF〜 🎊🎉 美容成分の詳細を見てみる
リピ率94.7%!ナノクリアは満足度◎

【ナノクリア/毛穴】美白には効果ある?オールインワンに入っている良い成分・悪い成分

【ナノクリア/毛穴】美白には効果ある?オールインワンに入っている良い成分・悪い成分
ナノクリアに含まれる成分とその効果についてご紹介します。
ナノクリアはオールインワンの保湿美容液です。
オールインワンということは化粧水, 導入液, 美容液, 乳液, クリーム, パックに至るまで、すべての要素を含む成分をバランス良く配合していなければいけません。

ナノクリアのすべての美容成分をご紹介しているとさすがに長くなってしまうので、ここでは特に高い効果が見込める、最新の化粧品トレンドを採り入れている注目の成分を重点的にご紹介します!
ナノクリアはフリー処方にこだわって、肌への刺激の少ない成分を配合しています。

刺激にはかなり気を配っていますが、人によっては刺激のあるかもしれない成分も紹介しています。
良い成分と一緒に読んで参考にしてくれると嬉しいです♪

ナノクリアの効果|良い成分を検証

ナノクリアの効果|良い成分を検証
ナノクリアに含まれている97.6%の美容成分の中から、特に注目の成分をピックアップしました(それでも13項目にもなってしまいました…)
以下の表に成分名と効果・効能をかんたんにまとめました 

成分 効果
ラ・フローラ(エンテロコッカスフェカリス EC-12株) 美肌菌(表皮ブドウ球菌)の育菌, バリア機能改善
フラーレン ビタミンCの250倍の抗酸化作用, UV効果
リンゴ果実培養細胞エキス 抗酸化作用
プラセンタエキス 美白, 抗酸化作用, 保湿
ヒアルロン酸ナトリウム 保湿
スクワラン 保湿, 感触改良
グルコノバクター/ハチミツ発酵液 美白, シミ改善
シア脂(シアバター) 保湿
水溶性プロテオグリカン 保湿
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS) 美白, 抗酸化作用, シワ・たるみ改善
PCA-Na 保湿
ダイズ種子エキス 保湿
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア) 保湿, 界面活性

上の表の中で赤字になっている成分が、人によっては少しだけ刺激を感じる懸念がある成分です。
くわしくは各成分の詳細にまとめています。
それではくわしくご紹介しますね♪

ナノクリアの成分|ラ・フローラ(エンテロコッカスフェカリス EC-12株)

ラ・フローラ(エンテロコッカスフェカリス EC-12株)はもともとコンビ社が食品用途で開発した成分ですが、その後一丸ファルコスが化粧品用に応用した成分です。
化粧品に使用されるラ・フローラ(エンテロコッカスフェカリス EC-12株)は、食品用より純度が高くなっています。

ラ・フローラ(エンテロコッカスフェカリス EC-12株)が持つすごい効果は、加齢とともに減少することがわかっている美肌菌(表皮ブドウ球菌)と呼ばれる皮膚常在菌を増殖する効果があることです!
美肌菌は天然のグリセリンを生み出して肌の保湿して、抗菌ペプチドを産生して肌のバリア機能を高めることで知られています。
肌の美容と健康に重要な役割を果たしています。

また乳酸菌はアレルギーのある成分でもありますが、加熱処理をして「死菌」と呼ばれる状態になっているため、アレルゲンは除去されて、衛生面も問題ありません。
加熱処理して効果なくなっちゃうんじゃないの?と思ってしまいましたが、特殊な方法で加熱処理をしているので効果はきちんとあるようですね♪

ナノクリアの成分|フラーレン

フラーレンはノーベル賞受賞成分として有名な成分です。
非常に研究が盛んな成分で、化粧品以外にもさまざまな分野で応用されています。
参考: The Nobel Prize in Chemistry 1996

ビタミンCの250倍の抗酸化作用があることで知られていて、その抗酸化力によってさまざまな効果を期待できます。
化粧品で期待できるこうかとしては毛穴引き締め効果、美白効果、シミ・シワ改善効果、ニキビ改善効果、保湿効果、アンチエイジング効果…
すごいですよね…ほとんど全部じゃん!って思いました(笑)

肌への効果の範囲が本当に幅広いです。
すでに10年以上化粧品に応用されている実績があり、皮膚トラブルも報告されていないことから、安全性についても問題ないと言えます。

またフラーレンは世界で一番安定した分子構造を持つ成分でもあるようです。
そのため、フラーレンはその高い抗酸化作用が長く持続することでも知られています。

ナノクリアの成分|リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ果実培養細胞エキスはスイスで4ヶ月間も腐らない「奇跡のリンゴ」と呼ばれている「ウトビラー・スパトラウバー」という品種のリンゴの幹細胞から抽出した成分です。人の表皮幹細胞に働きかけ、シワを改善する効果やアンチエイジング効果があることが知られています。

私はそんなに希少な希少な品種のリンゴを使って、乱獲になったりなくなっちゃったりしないのかな…と思いましたが、最新の技術でリンゴの幹細胞を培養しているので、環境に優しく大量供給できるので問題ないようです♪

老化したヒト皮膚幹細胞に作用することで、老化肌の再生も促し、抗老化スキンケアを可能とする技術であることが分かりました。

実験結果を見るとシワが改善されていたり、細胞が老化から若返っているのがわかりますね!
本当にすごいです。
ナノクリアに含まれているリンゴ果実培養細胞エキスは、最新の技術に裏づけされた希少な成分であることがわかります。

ナノクリアの成分|プラセンタエキス

プラセンタは「胎盤」の意味で、医薬部外品の美白有効成分として承認されているほか、漢方にも古くから使用されています。

ナノクリアのプラセンタエキスは、国産の天然鮭の卵巣膜から抽出・精製されています。
プラセンタエキスの中にはビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類、酵素などの中でも人体にとって貴重な「微量成分」が複数配合されています。

色素沈着を抑制するシミ改善効果、肌を柔軟にする保湿効果、高い抗酸化作用によるアンチエイジング効果などさまざまな効果を期待できます。

さらにプラセンタエキスには線維芽細胞の増殖を促進する効果も認められています。
線維芽細胞はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を直接作り出す非常に重要な細胞です。
プラセンタエキスはさまざまな効果を期待できる、非常に贅沢な成分ですね♪

ナノクリアの成分|ヒアルロン酸ナトリウム

1gで6リットルの水分を保持できると言われるヒアルロン酸ナトリウム。
ヒアルロン酸は皮膚の真皮を構成する重要な成分で、真皮でコラーゲンとエラスチンの隙間をびっしりと埋めている成分です。

水に溶けやすく人体にもともと存在する天然成分なので、肌なじみが非常に良いテクスチャーです。
ナノクリアでも重要な保湿成分として配合されています。

ヒアルロン酸ナトリウムの特徴は、他の保湿成分より「即効性の保水性・吸湿性に優れている」という点です。
逆に長時間の保水性・吸湿性は、他の保湿成分の方が優れているとも言えます。

分子量が100万以上でとても高分子のため、塗っても肌の内部には浸透していきません。
そのため、肌の表面にバリアとなる保護膜を形成して、肌がしっとりとなめらかな感触になります。

ナノクリアの成分|スクワラン

私たちの皮膚の皮脂にも10%前後の割合で存在している天然成分のスクワレン。
肌のうるおい成分として重要な役割をになっています。

スクワレンはそのままだと非常に酸化しやすく不安定な成分のため、水素を添加して化学的に処理することで、安定した酸化しにくい「スクワラン」になります。
肌のバリア機能にとって非常に重要ですが、女性は25歳ごろから急激に減少していってしまいます。

ナノクリアの成分|スクワラン
画像引用: 日本オリーブ

皮脂にも存在する天然成分のため、化粧品に配合された場合は非常に肌なじみの良いサラッとしたテクスチャーになります。
またスクワランそのものにも保湿効果があるため、肌の表面を優しく保湿して包み込んで、肌のバリア機能を高める効果も期待できます。
ナノクリアに配合されたスクワランで、しっとりとした肌と肌本来のバリア機能を手に入れたいですね♪

ナノクリアの成分|グルコノバクター/ハチミツ発酵液

ブルガリア産のローズハチミツを発酵させて採取する成分です。
1gのローズハチミツを得るために約9万本のバラが必要と言われています。
とても贅沢な成分ですよね。

ハチミツはアレルギーの出やすい成分ですが、グルコノバクター/ハチミツ発酵液は精製の段階でアレルゲンは除去されているので安心です。
ハチミツ本来の保湿効果に加えて、肌の古い角質を優しく除去するピーリング効果も期待できます。
グルコン酸が古い角質同士のつながりを優しく緩めて、肌の代謝を促進してくれます。

グルコン酸はキレート効果(浸透力を高める効果)もありますので、ナノクリアに含まれる他の成分が浸透しやすくなるのを助けたり、一部の成分が化学変化を起こすのをコントロールする働きもあります。

ナノクリアの成分|シア脂(シアバター)

シア脂(シアバター)はシアバターノキの種子から採れる天然の植物油脂成分です。
もう説明の必要が不要なほど有名な成分ですね(笑)

シア脂(シアバター)の主成分のオレイン酸とステアリン酸は、人の皮脂と似た構造なので、粘り気が少なくとても肌なじみがよい使用感と保湿効果をもたらします。
シア脂(シアバター)に含まれるアラントインは、人間の自然治癒力を高める効果があると言われています。
さらに天然のビタミンEであるトコフェノールには、肌の老化に作用するアンチエイジング効果も期待できます。

無添加の化粧品などを愛用する方の中には、天然のシア脂(シアバター)を使用することもあるようです。
でも天然のシア脂(シアバター)は精製していないぶん不純物もまじりやすいので、不純物によるアレルギーなどもあるようです。
ナノクリアなどの化粧品に含まれるシア脂(シアバター)は、不純物を取り除き精製されたものを使用しているので、不純物によるアレルギーの心配はなく安心して使用できます♪

ナノクリアの成分|水溶性プロテオグリカン

水溶性プロテオグリカンは鮭の氷頭(ひず)と呼ばれる鼻の軟骨から採取される保湿成分です。
その保湿力はヒアルロン酸以上とも言われていて、即効性のあるヒアルロン酸と比べて保湿効果が長く持続するのが特徴です。

短距離走のヒアルロン酸、長距離走の水溶性プロテオグリカンといった感じでしょうか(笑)
ヒアルロン酸とグリセリンを一緒に化粧品に配合すると、とてもバランスの取れた高い保湿効果を発揮します。
(ナノクリアには3つすべて配合されています!)

また水溶性プロテオグリカンはEGF(上皮成長因子)とあたかも同じように振る舞うをする「EGF様作用」のある成分としても知られています。
EGFはノーベル賞受賞受賞の成分です。
参考: The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1986

EGFは皮膚の再生やエイジングケアに非常に重要な役割をしています。
そのためEGF様作用のある水溶性プロテオグリカンは「美肌スイッチ」の成分とも呼ばれています。

ナノクリアの成分|パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は、ビタミンC誘導体(アスコルビン酸PS)にパルミチン酸を組み合わせることによって、従来のビタミンC誘導体に比べて高い浸透力を発揮する両親媒性のビタミンC誘導体です。

両親媒性とは水溶性(水に溶けやすい)と親油性(油に溶けやすい)の両方の性質を持つことです。
水溶性のビタミンC誘導体と親油性のパルミチン酸を組み合わせることで両方の特性を持っています。

私が驚いたのはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)がナノクリアに直接配合されていたことです。
というのも、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は非常に不安定な物質として知られています。
化粧品に配合してもすぐに変質してしまうため、美容液に直接配合せず別添の粉末にして販売していることもあるほどです。

watashi_tokimeki
「美容液に直接配合されているだけでもすごいのに、オールインワンに配合してしまうなんて…」

私はナノクリアの製造販売元のファビウスの技術力の高さに驚かされました。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果として、コラーゲンの生成を促進する効果、シワ改善効果などが期待できます。
また高い抗酸化作用もあるため、アンチエイジング効果も期待できる成分です。

ナノクリアの成分|PCA-Na

PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)は私たちの肌にもともと存在している成分で、ターンオーバーの過程でグルタミン酸が酵素(プロリンオキシダーゼ)によって代謝された成分です。
肌のバリア機能をになうNMF(天然保湿因子)の約12%を占める成分で、肌のバリア機能に重要な役割を持っています。
NMFの構成成分のため、肌が弱酸性を保つのに重要な役割を担っている成分であると言えます。

またPCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)は、肌以外では唾液や母乳にも含まれている成分でもあります。
PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)はもともと肌に存在している成分のため、肌なじみが良いのが特徴で、高い保湿効果を持っています。

ナノクリアの効果|悪い成分?実際の効果を検証

ナノクリアの効果|悪い成分?実際の効果を検証
ナノクリアは保湿にくわえて低刺激にも配慮された製品ですが、一部刺激の懸念がある成分が含まれています。
刺激と言ってもほとんど心配がないことが実証されている成分で、使用実績も多い成分ですので、個人的にはあまり心配しすぎる必要はないかなぁと思っています。

逆に言ってしまえばどんなに安全性の高い成分であっても、誰にでも絶対に刺激やアレルギー心配のない成分というのは存在しません。
どんなに安全性の高い成分でもすごく稀であっても刺激やアレルギー反応が出てしまう方は必ずいるので、そういった意味ではすべての成分に可能性があると言えます。

どうしても心配な方は本格的に使い始める前にパッチテストをすることをおすすめします。
それでは刺激の懸念がある成分についてご紹介していきます。

ナノクリアの成分|ダイズ種子エキス

ダイズ種子エキスはその名の通り、大豆の種子から抽出した成分です。
セラミド類を多く配合していることが特徴で、塗布すると角質層でセラミドなどの細胞間脂質と似た働きをする効果があります。
セラミド自体の合成を促進する効果があることでも知られています。

ダイズ種子エキスにはアスコルビン酸よりも強いメラニン生成抑制効果があるため、シミの改善効果も期待できます。
またダイズ種子エキスには抑毛効果があることがわかっているため、抑毛剤などのムダ毛処理剤にも配合されている成分です。

抑毛効果のためかは不明ですが、ダイズ種子エキスに非常にまれですが刺激を感じてしまう方がいるようです。
でも化粧品等の場合、ダイズ種子エキス単体ではなくほかの色々な成分も配合されていますので、確実にダイズ種子エキスが原因なのかは定かではありません。

ナノクリアの成分|ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)は2006年に旭化成が開発した成分です。
非常に浸透力が高いのが特徴で、肌に塗布すると角層内部に浸透してセラミドと同じ亜の働きをすることがわかっています。
セラミドと同じ働きをするため肌の弾力やハリを取り戻してキメを整えたり、バリア機能を改善する効果を期待できます。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)はその高すぎる浸透力が原因で、スキンケア製品などのリーブオン(塗りっぱなし)製品に多量に配合された場合には、肌のバリア機能を崩してしまう心配があります。
ただしこれは多量に配合された場合で、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)は非常に少量でもじゅうぶんな効果を発揮することから、ほとんど心配はないと言ってもいいでしょう。

以下はナノクリアの全成分表示です。

水, BG, エチルヘキサン酸セチル, グリセリン, シア脂, スクワラン, ペンチレングリコール, エンテロコッカスフェカリス, フラーレン, リンゴ果実培養細胞エキス, プラセンタエキス, 水溶性プロテオグリカン, ヒアルロン酸ナトリウム, 加水分解コラーゲン, 加水分解エラスチン, PCA-Na, パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na, グルコノバクター/ハチミツ発酵液, ダイズ種子エキス, 加水分解酵母エキス, ミツロウ, ベタイン, ベヘニルアルコール, グリコシルトレハロース, 加水分解水添デンプン, 水添ナタネ油アルコール, パルミチン酸エチルヘキシル, グリチルリチン酸2K, ジラウロイルグルタミン酸リシンNa, ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル, カルボマー, キサンタンガム, イソマルト, PVP, 水酸化Na, フェノキシエタノール

ナノクリア公式サイト

上から順に配合割合が多いのですが、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)はかなり後半に位置していますね。
ナノクリアへの配合量も少量であることが確認できますので、ほとんど心配はないことがわかります。

ナノクリア公式サイト

📣 今なら初回86%OFF〜 🎊🎉 美容成分の詳細を見てみる
リピ率94.7%!ナノクリアは満足度◎